横浜元町の時計店 - IDA Watch
横浜元町の時計店-IDA Watch
twitter facebook
ホーム IDA Watchについて コレクション fwウォッチ & クロック ドイツ製ハト時計 オーダーメイド
修理について 通販ご利用ガイド お問合せ ブログ
 
   
Access Map

交通・アクセス
みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩3分
JR根岸線「石川町駅」元町口下車徒歩8分

IDA Watch クラフトマンシップストリート店

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町2-91 Yedaビル1F
TEL 045-641-1212
OPEN 10:30〜19:00
定休日/月曜日 ※(祝日の場合翌日休)

ホームページURL:http://www.ida-watch.com メールアドレス:info@ida-watch.com


店舗建替えの為、10月9日までの営業となります。
10月14日より、上記「IDA Watch クラフトマンシップストリート店」のみ営業させていただきます。

   
Access Map

交通・アクセス
みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩3分
JR根岸線「石川町駅」元町口下車徒歩8分

横浜元町の時計店-IDA Watch

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町5-196
TEL 045-641-1212 FAX 045-662-5285
OPEN 10:00〜19:00
定休日/月曜日 ※(祝日の場合翌日休)

ホームページURL:http://www.ida-watch.com メールアドレス:info@ida-watch.com

IDA Watchの原点

明治36年(1903年)創業。当時は、時計の販売・修理とともに、蓄音機・レコード盤の修理や
貿易が盛んであった横浜の港に出入りしている外国船に積まれていた時計の修理などを主に
手がけておりました。また、横浜港に入港してきた船の修理をする「ドック」にて、航海中、
潮風に当たり故障した時計のメンテナンス・修理も行っておりました。
この頃、手巻きの腕時計・懐中時計は、“時計”=財産といわれるくらい
貴重で高価な品であったため、購入できる方はごく一部の日本人、または
山手の外国人居留地に住む外国人に限られていました。
終戦後、昭和20年9月1日からお店を再開。
しかし終戦直後は、商品を販売するに至らず、元町周辺は進駐軍(米軍)の兵士が
多く駐留していたため、兵士が持っている時計の修理などを手がけ、アメリカ人が
多く住んでいたためか、オイルライターの“Zippo”が出回り、Zippoの石も販売していました。
数年が経ち、国内外の各メーカーの腕時計・クロックを扱うようになりました。
外国人が多く元町・山手に移り住んでいたことや、外国製の品を購入される
日本人のお客様が集まるようになったことで、舶来品の時計が人気を集めました。
自社ブランド「field well(=フィールドウェル)」誕生

様々なメーカーの時計を取り扱う中、もっとユニークでオリジナリティ溢れるウォッチを創りお客様に楽しんでいただきたい。また横浜元町に集まるお客様が人とは違うオリジナリティある商品を求めていたその声に応えるため、自社ブランド「field well(=フィールドウェル)」を立ち上げました。
時計に長年携わってきた経験、知識を活かし、試行錯誤しながら常に新しいアイデアを生み出し、
ユニークなデザインの時計をコレクションできるよう努めております。

現在では、多くのお客様からご支持いただき、2008年1月25日、105周年を迎えることができました。
横浜元町の時計店-IDA Watch 神奈川県横浜市中区元町5-196 TEL 045-641-1212 FAX 045-662-5285
OPEN 10:00〜19:00 定休日/月曜日 ※(祝日の場合翌日休)

Copyright (c) IDA Watch All Rights Reserved.